アトピーの赤ちゃんを産まないために

アトピーの赤ちゃんを産まないために!一番重要なのはコレ!

アトピーの赤ちゃんを産まないために!一番重要なのはコレ!

アトピーの赤ちゃんを産まないために

妊娠中 ”アトピーの赤ちゃんを産まない” ためにできる一番重要なことをご紹介します。

 

ここでご紹介する大切なことを守れば、アトピーだけでなく他のアレルギーに対しても強くなるでしょう。

 

正直、妊娠中で便秘だという方には結構・・・ショッキングな内容になっていますので、知るのが怖いという方はここから下を読まないようにしてください。

 

でも、改善さえすればOKです!参考にしてみてください!

 

 

 

アトピーの赤ちゃん(子ども)を産まないためにできる一番重要なこと!

 

アトピーの赤ちゃん(子ども)を産まないためにできる一番重要なことはコレ!

 

腸内細菌のバランスを整えること!

 

これです!

 

アトピーの赤ちゃんが生まれる原因

 

アトピーの赤ちゃんが生まれる原因として、お母さんの腸内環境が乱れていることが高い確率で関係しています。

 

アトピーは遺伝などの原因もありますが、胎児期の母体の腸内環境が原因となることが有力だそうです。腸内の善玉菌が分泌するたんぱく質にはアレルギーを抑える効果があるそうなんです。だから、その細菌が少なければアレルギーを抑えることができなくなります。結果、アトピーなどのアレルギー持ちのもちの赤ちゃんが生まれるんです。

 

これは、アレルギーの研究をされている藤田紘一郎先生が自身の書籍の中でおっしゃっています。

 

 

妊娠中からすぐにできる腸内細菌を増やす方法は2つ!

 

妊娠中からすぐにできる腸内細菌を増やす方法には2つあります。

 

@乳酸菌をとること

ここで言う乳酸菌は胃で死んでしまう乳酸菌でも構わないそうです。大切なのは乳酸菌が出す液が善玉菌のエサとなって善玉菌を元気に!増殖を助けてくれます。便秘解消への即効性などは難しいかもしれませんが腸内環境を整えるには乳酸菌は欠かせないでしょう。できれば毎日ヨーグルトや発酵食品を食べてみてくださいね。

 

 

Aオリゴ糖をとること

オリゴ糖も腸内の善玉菌の大好物のため、元気にして増殖させます。何よりもいいのは便秘解消にかなり働きかけてくれることです。ただ、注意なのは・・・善玉菌によって好みのオリゴ糖が違う点です。だから複数のオリゴ糖をとることが大切です。ゴボウやバナナ・大豆製品などに入っていますので、食事で気を付けるのもいいですね。また、サプリメントであれば高純度のオリゴ糖を効率よく摂取できるので早いですね。

 

妊娠中にとるべきオリゴ糖サプリメントランキングはこちら>>>

 

 

以上2つの点を中心に食物繊維をとることも忘れずに、アトピーやぜんそく持ちの赤ちゃんを事前に予防するために、あなたの腸内環境は必ず整えておいてください!

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ